車の手続き14 − 希望ナンバーに変更する

スポンサードリンク
現在ではすっかりおなじみになっている希望ナンバー(下4桁のみ)制度ですが、希望ナンバーには区分があって、希望すれば取得できる”一般希望番号”と、人気の高い13種類※のナンバーを抽選で取得できる”抽選対象希望番号”の2種類で構成されています。

希望ナンバーの申請については、当該の自動車の登録地を管轄する陸運事務局、もしくは自動車検査登録事務所などに隣接している希望番号予約センターで行いますが、インターネット、郵送、FAXによる申請も可能です。

ただし、事業用の軽自動車は対象外で、同一週内に同一車両の希望ナンバーを2回以上申請することもできません。申請に必要な書類などは、以下のようになります。

1.希望番号(希望番号予約済証)を取得するときに必要な書類など

【抽選対象希望番号の場合】

・希望番号申込書
・抽選結果後、ナンバープレートの交付手数料

【一般希望番号の場合】

・希望番号申込書
・希望ナンバープレートの交付手数料

2.希望番号で車両を登録するときに必要な書類など

【新規登録する場合】

・新規登録書類一式
・希望番号予約済証

【ナンバー変更の場合】

・委任状(所有者本人が申請する場合は不要)
・申請書
・手数料納付書
・自動車税申告書
・自動車検査証(車検証)
・ナンバープレート(取り外して返納)
・希望番号予約済証

【変更登録、移転登録の場合】

・変更登録一式、または移転登録書類一式
・希望番号予約済証

※「・・・1」「・・・7」「・・・8」「・・88」「・333」「・555」「・777」「・888」「1111」「3333」「5555」「7777」「8888」の13通り
posted by Procedure | 車の手続き

車の手続き13 − 名前が変わったとき

スポンサードリンク
婚姻などにより名前が変わった場合も、「変更登録」をする必要があります。このとき、住所が変わっているようであれば、同時に「住所変更」の手続きもするようにしてください。

手続きの場所は、普通車の場合はその住所(住所が変わった場合は新住所)を管轄する陸運支局もしくは自動車検査登録事務所、軽自動車の場合は軽自動車検査協会になります。

また、自動車自体の変更登録と同時に、自動車税の申告手続きや、自賠責保険の変更手続きも発生しますので、忘れないように注意しましょう。

変更登録に必要な書類などは、下記のようになります。

【普通車】

・自動車保管場所証明書(使用の本拠の位置が変わる場合)
・申請書(陸運支局で入手)
・手数料納付書(陸運支局で入手)
・自動車検査証(車検証)
・自動車税申告書(自動車税事務所にて入手)
・氏名変更を証明する書面(戸籍抄本など)
・住民票(住所変更が伴う場合)
・自動車損害賠償責任保険承認請求書(氏名変更届け)
・認印

【軽自動車】

・自動車検査証記入申請書(軽自動車検査協会で入手)
・自動車検査証(車検証)
・自動車保管場所届出(必要な地域のみ)
・軽自動車税申告書(軽自動車検査協会で入手)
・自動車損害賠償責任保険承認請求書(氏名変更届け)
・氏名変更を証明する書面(戸籍抄本など)
・住民票(住所変更が伴う場合)
・認印
posted by Procedure | 車の手続き
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。