車の手続き4 − 中古車登録について(軽自動車)

スポンサードリンク
中古軽自動車の移転登録(一時抹消登録)、新規登録は新車の新規登録時と同様に使用者の住所(登録地)を管轄する軽自動車検査協会で申請を行うことが必要となります。

自動車検査証記入申請書という書類の所有者欄に認印を押下し、住民票を用意すれば、車を購入した販売店に手続きをしてもらえることが多いので依頼するのが良いでしょう。

ただ、移転先(新登録地)によっては車庫証明(自動車保管場所届出)が必要になる場合がありますので、その際は自分で管轄の警察署へ申請するのが手数料分おトクになります。(別記事で後述します)

自分で登録がしてみたい方は、下記の必要な書類を用意して、管轄の軽自動車検査協会で手続きを行ってください。

・自動車検査証記入申請書(軽自動車検査協会で入手)
・自動車検査証(車検証、有効期限内のもの)
・自動車保管場所届出(登録地の管轄の警察書に申請して発行してもらう、登録時に必要な地域のみ)
・住民票(新使用者のもので、交付後3ヶ月以内のもの)
・軽自動車税申告書(軽自動車検査協会で入手)
・認印(新使用者のもの)
posted by Procedure | 車の手続き

車の手続き3 − 中古車登録について(普通車)

スポンサードリンク
ユーザーが車を購入する際に販売店へ下取りとして出した車や売却(買取)した車、業者間によって開催されるオークションなどで仕入れた車を、商品車として手を入れ(加装という)ることで再販しているのが中古車です。

中古車の登録手続きには、ナンバーが付いたままの車の使用者または所有者を変更(名義変更)する「移転登録」と、一旦廃車手続きをしてナンバーを登録地の陸運支局に返却して再登録をする「新規登録」があります。

移転登録にしても、新規登録にしても使用の本拠地(登録地)となる住所を管轄する陸運支局で手続きをすることになりますが、新車登録と同様に手続きが煩雑なため、購入した販売店に委任するのがやはり無難と言えます。

ただし、この場合も車庫証明は自分で申請・取得(別記事にて後述します)した方がその分の費用を安くできますので、是非やってみるとよいでしょう。

因みに中古車登録に必要な書類は、下記のようになります。

【移転登録の場合】

・手数料納付書(陸運支局で入手)
・申請書(陸運支局で入手)
・自動車検査証(いわゆる車検証、有効期限内のもの)
・リサイクル券(販売店にて入手)
・自動車税納税証明書(県税事務所、もしくは販売店で入手)
・委任状(旧所有者の実印が押してあるもの)
・譲渡証明書(旧所有者の実印が押してあるもの)
・自動車保管場所証明書(いわゆる車庫証明、登録地の管轄の警察書に申請して発行してもらう)
・自賠責保険証明書(保険会社で発行してもらう)
・自動車税・自動車取得税申告書(陸運支局で入手)
・実印(新所有者のもの)
・印鑑証明書(新所有者および、旧所有者のもの)
・住民票(使用者の住所を示すもの、所有者・使用者が同一の場合は不要)

【新規登録の場合】

・手数料納付書(陸運支局で入手)
・抹消登録証明書(いわゆる廃車証明書、販売店で入手)
・申請書(陸運支局で入手)
・次の検査合格書面の内、1点(販売店で入手)
 1.自動車検査票・点検整備記録簿(最も一般的)
 2.予備検査証(発行後、3ヶ月以内のもの)
 3.保安基準適合証(発行後、15日以内のもの)
・リサイクル券(販売店にて入手)
・譲渡証明書(旧所有者の実印が押してあるもの)
・自動車保管場所証明書(いわゆる車庫証明、登録地の管轄の警察書に申請して発行してもらう)
・自賠責保険証明書(保険会社で発行してもらう)
・自動車重量税納付書(手数料は印紙を貼付、書類・印紙とも陸運支局で入手)
・自動車税・自動車取得税申告書(陸運支局で入手)
・実印(新所有者のもの)
・印鑑証明書(新所有者のもの)
・住民票(使用者の住所を示すもの、所有者・使用者が同一の場合は不要)
posted by Procedure | 車の手続き
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。